今よりもっとよい方法がある


弊社は力が加わると変形して力を取り除くと元に戻るという、形状や材質の弾性力を利用するクリーンな力「ばね」を1958年の創業以来製作しています。 原始時代から利用されていた弓はばねそのものであり、人類の発展と共に形状や材質の種類が増え用途は多岐に渡っています。このばねの歴史と同じように、ものづくりの哲学を社員に伝え、家族、地域、社会につながる広陵発條製作所があると信じています。

代表取締役 松井優和

会社概要

会社名 有限会社 広陵発條製作所
創業

昭和33年 11 月 1 日

(設立:昭和45年8月)

資本金 10,000 千円
代表者 代表取締役 松井 優和
従業員 9名
所在地

〒738-0021

広島県廿日市市木材港北7-68

連絡先 TEL 0829-34-0051
敷地面積 全体:2,382㎡/工場面積:1,199㎡
主要取引銀行 広島市信用組合・広島銀行・もみじ銀行
主要取引先 ㈱サン・テクトロ ㈱コンセック 広島精密工業㈱
営業内容 試作から小ロット量産
製造品目 各種スプリング製造・販売及び各種鋳造品並び精密機械加工品
工場外観
工場内部

アクセス

沿革

昭和33年 11月 東観音町6番14号にて松井義行(現代表の父)がスプリング製造販売を個人で創業
昭和35年 1月 業種拡張によりスプリング製造に加えて一般機械加工着手
昭和37年 5月 業務拡張により第二工場を東観音町9番17号に落成、それに伴い各種工作機械導入
昭和45年 8月 事業発展により改組、資本金400万円にて有限会社 広陵発條製作所設立。松井義行が代表取締役社長に就任。
平成10年 8月 松井優和(現代表取締役)が専務取締役に就任
平成11年 4月 東観音町5番3号にて新第二工場落成により移転。資本金を1000万円に増資
平成17年 12月 広島県中小企業経営革新計画(同時4軸加工)の承認を受ける
平成19年 1月 ISO9001(DNV 01787-2007-AQ-KOB-JAB)認証取得
平成26年 9月 松井優和が代表取締役に就任。東観音町5番3号に変更
平成27年 6月 (公財)ひろしま産業振興機構による「ヤマトプロジェクト」に参画
平成30年 8月 広島県商工労働局イノベーション推進チーム「ひろしまサンドボックス」に参画
平成31年 4月 一般社団法人ヤマトプロジェクト設立とともに理事就任
令和2年 11月 広島県中小企業経営革新計画(指令経革 752号)の承認を受ける
令和3年 1月 工場集約のため本社を広島県廿日市市木材港北7番68号に移転、それに伴い各種工作機械導入
令和3年 1月 「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同

有限会社 広陵発條製作所

〒738-0021 広島県廿日市市木材港北7-68

TEL 0829-34-0051

ISO認可、SDGsロゴ

有限会社 広陵発條製作所は一般社団法人ヤマトプロジェクトに参加しています。

※ロゴをクリックすると一般社団法人ヤマトプロジェクトの HP へ移動します。